l'oiseau bleuの石鹸を愛してくださる方へ


by aoitoriaoitori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ローズマリー

f0176570_9121841.jpg


ローズマリーは優れもの。
ローズマリーも(!)優れもの。

肉料理の臭み消しに使われる方は多いはず。
独特の風味がありますね。
いかにも「ハーブ」って感じ。

このハーブは色んな名前をもっています。
Rosmarinusとは学名で、「海のしずく」という意味があります。
そしてニックネームは、「ローズ」がバラ、「マリー」はマリア様で、「マリア様のバラ」とも。

若返りで有名な、「ハンガリアンウォーター」は、主成分がこのローズマリーと言われています。
このハンガリアンウォーターについては、また次の機会にじっくりお話するのにとっておきます^^

さてさて、ローズマリーの効能ですが、頭脳明晰化作用にスキンケアとしても有益なのは、もしかしてご存知の方も多いかな?

今日は、ちょっと前に切り抜いておいたローズマリーについての新聞のコラムの内容を、ご紹介しておきます。




ローズマリーに多く含まれるカルノシン酸に、脳の神経細胞が細胞死するのを防ぐ効果があることを岩手大など日米合同研究チームが突き止め、発表した。
アルツハイマー病やパーキンソン病の予防や治療をする新薬に繋がる成果だという。

サプリメント開発も、米国と日本の科学品専門商社と共同で進めており、近く製品化される予定(もうされている?)。

岩手大の実験によると、マウス脳の右脳の神経細胞が死ぬ状況を作り、そこへカルノシン酸を事前に注射したマウスとしないマウスで比べ、24時間後に脳の変化を比べた。

注射しなかったマウスは右脳の52%が壊死していたが、注射したマウスでは34%にとどまり、カルノシン酸に強い脳細胞保護効果があることを実証した。
カルノシン酸が細胞死を抑える遺伝子を活性化することも解明し、認知症など脳神経細胞の細胞死に関連する病気の予防や治療に応用できる可能性を示した。

岩手大教授によると、「カルノシン酸をもとに薬を開発すれば、発症を予防できる可能性がある。
神経回路を再生する力も高く、治療効果も期待できる」と話している。





ねっ、すごいでしょ?ローズマリー。
前々からアロマの世界では記憶減退の改善、精神中、心身の感覚の目覚め、精神的な過労や無気力にもよい、などと言われていたけど、こうして専門家が色々調べたり実験したりして実証してくれると、なるほどと思いますね。

他にアロマ的には、血液の循環を促し、発汗作用、利尿作用があるので老廃物を除去します。
筋肉痛、痛風、リウマチ痛などを緩和するとも言われていますし、スキンケアでは収れん作用(引き締め効果)があり、脂性肌に効果があります。



そんなすばらしいローズマリーの石鹸、仕込んであります♪♪♪
今までに何度となく作ってきたローズマリー石鹸なのですが、今回はものすごーくローズマリーなのです。
何がすごいかは、石鹸の紹介の時に詳しくさせてもらいますが、 これまで作った中で一番最高の出来のローズマリー石鹸になりました♪
おたのしみにぃ~。              



               ローズマリーのお花。
f0176570_9121896.jpg

[PR]
by aoitoriaoitori | 2008-09-14 09:12 | useful