l'oiseau bleuの石鹸を愛してくださる方へ


by aoitoriaoitori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

石鹸考・2

先日に引き続き、ちょっとかためのお話ですが、まだまだいろいろ思うことがあったりしたので、続きを。

以前ここの記事にした「経皮毒」について、思い出しました。
ここをクリックしたら、経皮毒の過去記事読めます


そう、口から入るものはのどや胃や腸を通って早くに排出されるのですが、皮膚から吸収されたものに関しては、けっこう体にたまっていったりするのですよ。

ちょっと意外ではないですか?
なんとなく、口から毒を飲むほうが致命的に思う錯覚を私はしてしまうのですが、実はそうではないんですね。
皮膚からの吸収によって体内に入ると、女性だと子宮にたまる、影響を及ぼしたりするんですよね。

爽間が得ると、やはり化学薬品の塊のような食器洗い洗剤やシャンプー、その他いろんな洗剤って、ゴム手袋なしに使うのは怖いナー。
というよりも、私はこれらのものは、手袋なしでは特に冬は、使えません。
すぐに手が荒れてぱっくり割れて、悲惨になりますからね。

近頃母に、手がきれいだと褒められました^^
私にとってはかなりの快挙です~。
ご存知の方はあれ?っておもうで小が、私、てあれがひどかったので。
あ、でも、これからもっと寒くなってくるとやっぱりひどくなる可能性大なんですけどね。

あれがひどかった頃に手作り石鹸に出会い、自分で作るようになって心置きなく石鹸を使えるようになり、食器も洗髪も石鹸に変えて、年々手あれの期間が短縮されてくるようになりました。

ひどいときは、真夏の7~9月の半ばまではきれいな手なのに、それ以外はずっとひどいてあれ状態。
スーパーのレジでお金出すのも、恥ずかしいし痛いしでした。

それが年々その手荒れ期間が短縮されていき、去年や一昨年は花粉症と同じ期間、いえいえ、それよりずっと短い期間のみ、だから1ヶ月程度に短縮されましたもの♪


とはいえ、先日の小麦アレルギーは怖いです。
あれからいろいろ私も考えて、どんなによい素材と信じて作ってきても、使ってきても、いつ自分の体がそれに対してアレルギー反応を起こすのか予測できないのだとしたら、怖い。

じゃあ!
特定の石鹸を決めずに、毎回石鹸を変えて使ったらましかなぁ~、なんて(^^ヾ
もちろん基本、素材の確かな、安全な石鹸ばかりの中で、とっかえひっかえ、ということでね。
ということで、実行すべく最近、特定を決めずに自分の手作り石鹸の中でとっかえひっかえやってます^^

たかが石鹸、されど石鹸、いろいろ考えてしまいますね。
よろしければ皆様も、l'oiseau bleuの石鹸、とっかえひっかえしちゃってください!
これからさむ~い日が続きますが、楽しいバスタイムを~!
[PR]
by aoitoriaoitori | 2011-11-28 17:28 | 経皮毒について
とある石鹸が、最近になって盛んにニュースで取り上げられていますね。
ニュースで取り上げられているのですから、いい情報としてではありません。

その石鹸、私の周りでも使っている人、使ったことある人、けっこういました。
お世辞かもしれませんが、その石鹸を使ってl’oiseau bleuの石鹸に移行してくれた方は、「市販の〇〇石鹸よりもよかった!」と言って、リピートしてくださる方もいて、かなりうれしく思っていました。

その石鹸、私の耳にはかなり早くから「小麦粉の成分が、そのアレルギーある人が使うと肌トラブルになるみたいよ」とは入って来てはいましたが、聞いた以上に大変なことになっている方も多いとか。
石鹸の原材料に、きちっと明記されていなかったのでしょうか。
それとも、分かりにくいカタカナの名前の原料だったりして、誰も気がつかなかったのでしょうか。

その成分が、泡のもち?伸び?を作っていたと聞いています。
その石鹸の「売り」の部分ですから、そう易々と分かるような原材料明記は、その成分に関してはされていないはず。

改めて、原材料の明記には気を使わなくてはいけないんだなぁと思いました。

それから・・・
ちょっとした発見といいますか、再確認といいますか。

ワイドショーの説明によりますと、その小麦粉由来成分が毎日洗顔などに使ううちに、少しづつ肌から浸透して体内に入って、アレルギーを引き起こしてしまう、とのことでした。

l’oiseau bleuの石鹸は、いつもいろんな天然素材の材料を使っています。
最近のお気に入りは前にも書いたことがあるかと思いますが、柿渋。
パックによく使われるクレイや、よもぎ、ハーブにチョコレート。
どれも肌によいとされるものや、肌に優しいのに洗浄力に優れているといったもの。
でも石鹸を作るときには、絶対不可欠な劇薬物扱いの化学薬品を使います。
その薬品を使って出来た製品に、どれほどの天然素材の効力が残るのかはいつもなぞで。

今回問題になった石鹸だって、石鹸ですから私がいつも使う薬品か、それに類したものを使用しているはずなんですが、それでも小麦粉由来のその成分が残っていて肌に浸透していったということ。

では、やはり天然素材の成分って100%ではないかもしれないけれど残って、やはり肌に作用することを期待できることもあるんだなぁーって、ちょっと再認識しました。
これはうれしい情報♪

「えっ?いつもこの石鹸はこれが入っていて、こんな効果があるよと謳っているじゃない」って思われてますか?
いえいえ、使用している天然素材そのものにはそういった効果のあるのですが、石鹸にしてしまうとどこまでその効果を期待できるかは分からない、といった内容のことは、どこかに書くようにしています。

石鹸のラベル自体には、効果は書くことはしておりません。
もちろん原材料はしっかりラベル、貼らしていただいていますが^^

先日高麗にんじんの粉末をいただいたのですが、このニュースを聞いて俄然作るのが楽しみになってきました!
いったいどんな効果のある石鹸が出来上がるのでしょうか?
まだ作っていないのですが、使うその日がとても楽しみです。

~~~~~~~~~~~

今月のワークショップ、楽しみにしていただいている方には本当に申し訳ございません。
今月はちょっと、子供がらみの用事で大変忙しくしております。
どうしても準備が出来ず、リクエストをいただいていて心はあせりつつも、毎日時間に追われております。

12月は師走ですから、どなた様もお忙しくされていて人も集まらないかも?と思いつつ、12月開催を目指しております。
どなたの参加もないときは・・・一人で作ってます^^

12月は、何かレイヤードな石鹸を考えています(2段石鹸)
マーブル石鹸は、技術的にレイヤードの次に開催しようかなと思っております。
楽しみにしていてくださいませねぇ~☆
(ご希望日をお知らせいただけたらとても助かります)
[PR]
by aoitoriaoitori | 2011-11-17 11:04 | chatter box