l'oiseau bleuの石鹸を愛してくださる方へ


by aoitoriaoitori
カレンダー

<   2009年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧

寒い夜は、湯たんぽ

この冬、湯たんぽデビューしました。
ちなみにイギリスでは毎夜、ホストファミリーは「あなたの彼を連れてきたわよ」といって、湯たんぽをお部屋まで持ってきてくれていました…
とても上品なおば様だったので、なんだかその表現ってどうよ?なんて、違和感をもちながら「ありがとう」と言っていたのを思い出します。

さてさて、ここ近年湯たんぽブームかなって思うんですけど、皆さんもお持ちですか?
実際、どのようにして使われていますか?
寝る前にお布団に入れておいて温めて、いよいよお布団に入る時にはぬくぬくで幸せ気分を味わう人、とか。
足元がとにかく冷えるから、足元において寝る人、とか。

最近私のつぼな使用法は、おしりの下で、ふともも下に置く事です。
なので、アツアツすぎる湯たんぽはだめです。
あったかぁ~い、って位の温度の湯たんぽです。

おしりの垂れ下がりやすい部分、って言うんでしょうか、そこに当りつつも太ももの(寝ると)下に敷く、と、体の真中ぐらいってのがいいのか、冷たくてどうしようもないつま先もだんだん温かくなるし、上半身もいい感じであったかくなって、気がつけば前身ポカポカになるんですよ。

うわ~、これ、いいことみぃつけた!って思ったんですけど・・・
こんなことって、皆さんご存知のことかしら?
それとも、ここに置いて全身ポカポカするの、私だけ?

寒くてなかなか寝付かない夜は、ぜひお試しあれ。
でもって、結果、教えて下さい。

f0176570_13562519.jpg

これは私の今の「夜の彼」037.gif053.gif
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-01-30 13:56 | useful

Sweden

IKEAの話に始まり、チーズにヤンソンさん、とスウェディッシュフードな話しが続きましたので、すっかり私の頭はスウェーデンモード。
そこで、ひさーしぶりにアルバムを出してきました、スウェーデン人のお友達マリアンヌを訪ねて行った時の写真。
今日は、思い出話を。。。

下の画像はスウェーデンの首都、ストックホルムの町を見下ろした所。
(以下、画像は全てアルバムの写真を携帯で撮ったものなので、お見苦しい点はお許し下さい)
f0176570_21385255.jpg

社会の時間には、「スカンジナビア半島」とか「バルト海」というキーワードで思いつく国でしょうか。
あ、あとは「ゆりかごから墓場まで」という言葉も、スウェーデンの福祉の行き届いたことを意味する言葉で、社会の時間習いましたよねー。
(ただし、これについてはまたいつか機会があればお話できるかな?)

f0176570_21385371.jpg

最近ではノーベル賞の授賞式でよく耳にした国ですよね。
上の画像は、ロイヤルパレス(と、アルバムに書いていた)。
スウェーデンは立憲君主制、おうや姫もいるけど首相もいる、まぁ日本と似てますね。
お友達のマリアンヌはミリタリーサービスでだと思いますが、王宮の中でお仕事をしていた事があるらしく(?)、当時の皇太子とお話したこともあるといってました。
とても気さくにお話する、素敵な紳士だとのことです。
ってか、お話好きのマリアンヌは王子であろうと見かけたら普通に毎回話し掛けるものだから、「君は変わった子だね」と言われた、と…嬉しそうに話してましたね(^^ゞ

f0176570_21385335.jpg

上の画像は、確かバスから撮った気がするのですが、グレースケリーが住んでいた所です。
王妃になられる前、ということでしょうか?
高級マンションなのかな?


マリアンヌんちにお泊りに行った時、「今日はピクニックに行きましょう」と、ピクニック好きのマリアンヌに連れられて、いやいや、きっとスウェーデン人や自然が素敵な国の人は皆ピクニック好きなんだろうけど、行った所が↓。
f0176570_21385395.jpg

確か湖のほとりの森、と言ってた気がしますが。
お天気もよくって、とても素敵なところでした。


行ったのは9月。
でもね、もう寒くて寒くて、寒いのが嫌いな私には堪えた!!
私、手持ちの洋服では足りなくて、マリアンヌにセーターやコートも借りて、結局8枚は着込んでいた、スウェーデンの秋。
もこもこの私…↓
f0176570_21414623.jpg

この森で、マリアンヌと彼女の当時の恋人、エリック(スウェーデン語で発音すると、ィエリック、と聞こえる)は、「今夜の夕食に使うのよ」といって、食べられるきのこを沢山取っていました。
森できのこ狩り、なんて、素敵でしょう?
食べられるきのこが分かるなんて、さすがです。

そして昼食。
お料理好きの彼女の作るものは、全ておいしかった!
スウェーデンではお魚もたくさん食べられます。
彼女がピクニックランチに作ってくれたものは、スウェディッシュサンドウィッチ。
パンではないもので挟んでた気がするのだけど、ここの所数日このサンドウィッチのことをずっと考えていたけれど、思い出せない。
とにかく具は、魚。
でも、色んな魚の色んな味の酢漬け、燻製、ピクルス、野菜の酢漬け?キャビアなどなどが入っていたかな?
とにかくすごくすごくおいしくて、もう一度食べたい!!と思う、私の中のリクエスト上位に入る、スウェディッシュ・フードです。
マリアンヌが切り分けてくれてます↓
f0176570_21414679.jpg


画像、分かりにくいですよねぇぇぇ…紙皿にそのサンドウィッチを置いた所。↓
f0176570_21414777.jpg


そして、夕方マリアンヌ達のおうちに帰ってきてから、彼女が腕を振るってディナーを用意してくれました。
もちろんお昼間に摘んだ、森のきのこもふんだんに使って。
何でも、スウェーデンの高級ホテルのコック長が出した料理本が当時話題となっていて、もちろん料理好きのマリアンヌもその本を買って、その本に載っているとおりのディナーを作ってくれたのです。
マリアンヌの持っている中でも高級なお皿を使って、本当にホテルのフルコースと同じくスープや前菜から始まって、一品一品順番に持ってきてもてなしてくれました。
お金も払わず、一流スウェディッシュ・キュイジーヌを体験させてもらったのでした^^
↓は、きのこたっぷりのソースがかかった、お肉系ですよねぇ・・・ものすごくおいしくて写真をとったのだけど、今となっては忘れてしまっている・・・
f0176570_21414758.jpg


f0176570_21414734.jpg

まだまだ主婦経験のなかった当時の私、マリアンヌが言ってくれるままに、テーブルに着席して手伝いもせずにもてなしを満喫していたなぁ…
「今日はお客様なんだから、座ってお料理を味わってよ」って。
今の私、主婦だけど、そんな風に人をもてなせないよ…色んなことがあって、よく喧嘩?討論?した彼女だけど、今更ながら尊敬するよ。
ちなみに彼女は私より5歳以上は年上だったと思う。

この旅は、実は私一人で彼女を訪ねたわけではなくて、日本から留学中の私を訪ねて来てくれた大学時代のお友達と一緒に行ったのだ。
日本からの友人は当時、英語はほとんど離せなかったのだけど、そんな彼女にもマリアンヌとエリックは良くしてくれた。
感謝・感謝。

マリアンヌ(典型的なO型)とエリック(男前さんだった)は、13年間同棲して結婚した。
とても仲の良い二人だった。
マリアンヌの悩みといえば、「エリックがトイレに入る時、新聞を持ってはいる事」だったと記憶している。
私が結婚する数ヶ月前に結婚したと便りがきた。
私が結婚する直前、いつも長文の彼女の手紙が、いつもの倍ぐらいのボリュームで届いた。
「結婚はね、愛する男性と一緒になるだけじゃないのよ。
そこには相手の親もついてくるの。
つきあっている時はきっと二人だけの世界だっただろうけれど、結婚したら親とも結婚するようなものなのよ。
あなたの相手の親ともうまくやっていく自信、覚悟、ある?
よくよくみて考えてから結婚しなさいよ。
まだあなたは結婚する前だから、引き返せるわよ」といった内容を、延々と書いてアドバイスしてくれた。
古今東西、どこも嫁姑関係って一緒なのねぇ~。

その後、うちはそこらへん無事クリアしていて夫婦何とかうまくいってて、子供もできて円満だったのだけど、彼女の所はすぐに離婚したとのこと。
13年も同棲していたのに、すぐ離婚とは驚いた。
理由はやはり、お姑さんとの関係だったようだ。

その後、昔の恋が再燃して消えた後、出合った年上バツ1の男性と幸せな結婚、一児を授かり忙しくも充実した子育てライフを送って幸せと伝え聞いた。

分からないものだなぁ~と思ったのは、彼女とエリックの離婚もそうだけれど。
スウェーデンに一緒に行った私の友人は、確かそれが彼女にとって初めての海外旅行だった。
そこから海外旅行の楽しみを知った彼女は、会社のお休みを時々とって一人で海外旅行をよく楽しんでいた。
そしてそんな旅行中の飛行機の中で出会ったドイツ人男性と結婚、ただいまドイツ在住。
子供はまだいないのだけど、だからなのか、彼女はいまもマリアンヌと連絡を取っているらしい。

私と彼女は、話しが合わなくなってきてからは(私は出産、彼女は離婚、というあたりから)クリスマスカードだけの付き合いになっていた。
ある年、クリスマスカードを出して半年もしてから、6月にはいったある日、スウェーデンの郵便局から「あて先不明」でクリスマスカードが戻ってきた。
よく引越しする彼女なので、私が昔の住所で送ってしまっていたのがいけないのだろうけど、半年も経っていまさらである。

それを期に、連絡が途絶えてしまった。
年々英語でカード書くのが、文章を考えるのが億劫になってきたので、ま、いっかーでそのままなのです。。。
早死の相が出ているのと気にしていた彼女、元気かなぁ?

超長文の記事を最後まで読んでくださったあなた(いるのかしら?)、ありがとうございます。
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-01-27 21:41 | chatter box

ヤンソンさんの誘惑

f0176570_21385281.jpg

前にテレビでスウェーデンの家庭料理として紹介された、「ヤンソンさんの誘惑」というお料理。
お料理のネーミングが、ちょっとどうよ?って感じですが…
ものすごーくおいしいとのことで、そのおいしさには逸話つきなのです。

菜食主義者のヤンソンさんという人がおりまして(どうやら実在したらしい)、もちろんお野菜以外は口にしないはずなのですが、そんなヤンソンさん、このお料理のとてもおいしそうな見た目と匂いに抗えず、思わず口にしてしまった、という話。

以降、スウェーデンでたちまちこの噂が広まり、手ごろな材料でご馳走ができるということから、すっかり今ではスウェーデンのコモンな家庭料理になりました、とのこと。

テレビの家族は、大人も幼児もものすごくおいしそうに食べてた。
ママがちいちゃなちいちゃな子供に、「ヤンソンさんの誘惑、おいしい?」って聞いている光景がちょっと妙にうつりましたが・・・

とにかく、それを見てうちの息子が「お母さん、あれ作って!!」と懇願してきまして。
作りましたのが、上の画像。

で、お味はというと、うん!ヤミー053.gif053.gif053.gif
おいしい!
これは万人受けする味ですよ!
カロリーはちょっと怖いけど…

うちの母も一緒に食べていたのですが、すごくおいしいからとちょっとだけ取り分けて、父にも食べさせてあげるからと持って帰りました(^^ゞ

レシピが気になった方は、こちらへ。
ただし、このレシピは注意する点があります。
材料に、バターと細か目のパン粉が書いていないこと。
でも作り方には出てきますので、おうちにない方は揃えておいてね☆
あと、アンチョビのお汁は捨ててはいけませんよ~。

簡単でおいしくって、結構おなかがいっぱいになるお料理でお勧めです。
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-01-27 21:38 | food

当選番号発表♪

f0176570_985659.jpg

お年玉月年賀はがきの当選番号、今朝の新聞に載っていますねっ!
普段は新聞とってきてぇ~、とお願いしても行ってくれない子供たちですが、今日はすっ飛んで取りにいってました。

学校へ行く前の忙しくて時間もない中、「30分まで見る!」と言って、自分達のもらった年賀状に始まり、私宛や彼宛のものと見ていました。
結局時間が足りなさ過ぎて、全体の半分位しか見れなかったみたい。
「もう行く準備しなさい!」と急き立てましたから。

丁度そんなことをやっていた時、テレビでも年賀状の話題が。
「書き損じのはがきはどうしていますか?」という街頭インタビューで、若い人は皆「捨てる」と答えているのにびっくり!
もちろん、主婦は皆さんはこの当選番号チェックのあとに、郵便局で手数料などを支払って、はがきや切手にかえてますよねぇ?
もしくは、ボランティアに生かしている方もいらっしゃるのかな?

でも…近年、ほんと、はがきやお手紙を出す機会が減っているせいか、この年賀はがきの書き損じや余りなどで交換してもらった新品のはがきに切手、減らないんですよぉ~。
ディスカウントショップに売りに行こうかしら?
それともやっぱり…ボランティアに生かす?
皆さんはどうされていますか?
ちゃんと使い切っちゃってますか?

あ、ちなみに画像は朝、子供たちがチェックした中で当っていた年賀状。
書き損じが当っていました^^
残していて良かった。
といっても、もちろん一番下の切手シート、ですけどね。

他にもいいもの当っていますよーに!
皆様にもいいものが当っていますよーに!
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-01-26 09:08 | chatter box

失敗

f0176570_8252182.jpg


よくするんですけどね、失敗…
だって新しいものをどんどん生み出すってことは、それだけ失敗もつきものだもの。
だけど…やっぱりその度に凹みます。
今回も…きっと画像を見る限りは「どこが?」って思うかもしれない。
けど、失敗です…

アイディアはいいと思うんだよね…
でも、頭の中で考えているとおりには、すんなり出来上がらない。
あ、もちろん石鹸のこと。
この石鹸の構想から、着手まで時間もかかって(そこはただ私が怠慢だっただけ)、失敗も1度目とかじゃないだけに、ちょっと悲しいよぉ~。

又レシピ、練り直しです。
材料も若干集め直しです。
まぁそのうち「こんなんできましたぁ~」って、皆様にご報告できる日がくるでしょう…かな?
他にも考えている石鹸があるのに、なかなかそれにかかれないよぉ。

なんだか朝からお天気もうっとうしいし、そんなこんなで気分が晴れないので「愚痴」でした。
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-01-23 08:25 | chatter box

重たい

朝目覚めると、頭が重い、痛い。
肩から喉からとにかく右側がずずずーっと、いた重い。
寝違えたのかな?それとも肩こり?いやいや、寝不足かなぁ?
子供たち、朝の忙しい時間なのは重々承知だが、それでも「お願い!ちょっとでいいから肩と背中、マッサージしてぇ~」とお願いした。
その時はまだ痛かったけど、子供たちの姿も消えてすっかり一人になった時、気がつけばいた重いのがなくなっていて、良かった。

ありがとう、子供たち。

しかし、お昼過ぎからお天気も下り坂で、気分も重苦しいですよねぇ。



で、ミニバラ、オードトワレちゃん。
f0176570_1538639.jpg

お正月に「咲いたよ!」とお知らせした子。
なんとまだ咲いています!
そんなに開花後は長持ちするタイプの子ではないのだけど、暖かいお部屋に入れず、ずっとさむーいお外に出しているせいか、いつまでも元気に咲いてくれます。
う~ん、強健な子だ。
咲き進むに連れて、香りも強くなってきて素敵。
ミニバラなんだけど、普通のバラの大きさに近づいてきたかも?

最初は奥の方に写っている蕾くらいの高さで咲いていたのだけど、咲き開いて大きくなってきて、頭が重くなって今は画像のようにかなり下まで垂れてきてます。
本当はもう切ってあげて、次の蕾に栄養が行くようにしてあげる方がいいのだけど、とても姿が美しくて芳しい香りなので、切ってしまうのがもったいないのです。

もう少し、美しい姿をしている間はこのまま残しておきましょう。
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-01-22 15:38 | chatter box

Wii Fit

去年のお誕生日、一年間ずーっと欲しいと言い続けてきた「Wii Fit」を彼と子供たちからプレゼントしてもらった。
もちろん、しつこくダイエットのためだ。
ヨガも離れて久しい。
かといって習いに行くのもなぁー、なんて思っていたので、自宅でできるのは嬉しい。
有酸素運動なんて、ランニングにウォーキング、くらいしか思い浮かばないし、どちらも寒い冬には辛いんだけど、おうちで出来たらこれまた嬉しい。
しかも、勝手にやって、はい終り、って感じでなくて、何か評価がでたり記録が残っていくなら、私にも続けられるかも?なんて思って。

しかーし!
せっかくプレゼントしてもらったにもかかわらず、買ってもらって3日くらいしてやっと使用、その後、ずーーーっと忙しくてとてもゆっくりやってる暇などなかった。
しかも我が家、いちいちゲーム関係全て、箱から出してセッティング、終了後はもちろん全て箱に又きれいに片付けなくてはならない。
これも継続するには大きなネックだった。

そんなこんなで大きな荷物が部屋に転がってるなーって感じでしたが、最近使ってます!
ここんとこ、わりと継続してます。
なにせお正月明けのメタボときたら、ひどいですからぁぁぁ。
なぁーんか、1月にはいって食欲上昇気味。
最近、食べても食べてもまだ口寂しく感じる…
ヤバイ!ってことで、Wii Fit。。。

やっていてちょっと思ったのは…
これってあくまでも、バランスゲームなのよねぇ。
そう、何をやっていても、左右の重力のかけ方、バランスが大きなポイントになる。
もちろん日常生活において、常に左右バランスよく体重かけるのは大切だとは思うけど…
ヨガとかやっていても常にバランスが気になっちゃって、ちょっと楽しくないと感じることも。

しかもしかも、バランスさえ良ければ他がおかしな体勢になっていても高得点が出せるようで、ヨガなんかでは明らかに私のほうがきれいに出来ているのに、てんで体の硬いおかしな格好で挑んでいる彼のほうが高得点だったりすることもある。
納得いかん!!

なんてこともありますが・・・
まぁ私の場合、ヨガよりバランスゲームとかゲーム性の高い楽しいものばっかりやっちゃってますね、結局。
それでも侮るなかれ。
ほんの10分くらい楽しんでも、300~500グラムは体重が軽くなったりするんだもん♪
まっ、そんなのを毎日繰り返して、結局平均体重変動なしだったりするんだけど…

ヨガやバランスゲームでは、私のライバルは娘。
バレエのお教室で一番体がやわらかいといわれている彼女(でも、私はそれは嘘だと思う)、でももともとは体の柔らかかった私のDNAのおかげじゃん!私が元祖じゃん!(いや、私の母が本当の元祖)、ってことで、張り合ってます(負ける事が多いですが…)。

体力勝負ものは、彼と息子がライバル。
これはなかなか勝てなかったりしますね。
体力ないですから…

こんな感じで家族みんなで楽しみながら、頑張ってます。
なかなか楽しいです~^^
f0176570_114952.jpg

某メーカーの回し者ではありません…
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-01-21 11:04 | chatter box

早いやん!

なにがって?

先日娘がお熱を出して、学校を休みました。
翌日くらいから、私も鼻とか喉とかおかしくて。
幸い娘はインフルではなかったのですが、それでも「風邪、うつったかなぁ」と思っていたのですが。

なぁーっんか!鼻が痒いかも。
鼻の調子が悪いせいで、喉もなんだかおかしいっぽいような…
…って、これって…花粉じゃん!

まだ一月ですよー!
ここ数年前から発病した私ですが、いつもバレンタイン前後から。
一月からだなんて、今までないですからー。

早く始まって早く終わるならいいけど、そんなことあまり望めないよね。
今年は多いって言うしね…
最近ちょいと、寒さが緩んだ?とか思っていたら。
ああ、油断してたわぁ~、厳寒の後は恐怖が待ってたんだ。

花粉にいいからと、紅ふうき緑茶を一年は飲んでいたけれど、どうやら効いていないってことらしい。
今年はかなーりかなーりましだった指あれも、ここ1週間くらいで急にひどくなってきたし。
ひどくなって、指が曲げられない、お財布のコインを出すのが痛くて辛くて、手を水で洗うのさえ痛いし、鉛筆やペンで書き物するのも痛くて倦厭してしまう。

いつからこんなにアレルギー体質になっちゃったんだろう(子供うんでからやね)。

とりあえず、花粉に効く特効薬ご存知の方、どうぞhelp me!
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-01-20 10:25 | chatter box
去年の年末も近いある日、お友達との忘年会で「IKEA行った?」の話題が。
関西では神戸・ポーアイが一足先に出来て、もうポーアイができる前から期待ワクワクで待っていた私。
IKEAカードは店舗ができる前からインターネットで申し込んで作ることが出来たので、かなーり早くから申し込んで持っていた。

だけど、夏休み~年末まで、恐ろしく忙しかった私。
行く時間、ほんとになかったぁ…
って言うか、あきらめてました、忘れてました、IKEA。

忘年会で、行ったお友達のお話を聞いて、又気持ち再燃。
近いうちに行きたいよぉ~ってことで、年末押し迫った30日、そしてしかも、あたりは暗くなってから、行って来ました。
f0176570_1123534.jpg

分かってはいたけど、現地でIKEAを楽しむ時間、1時間少々位…足りません!

時間が全然ないのに、途中、うちの息子が迷子に!!
これで20分くらいとられましたぁ。
ほんっと、いなかったんですよ、焦りましたぁー。
もう迷子になる年でもないだろうに…

結局2階のファニチャーは、息子を探し回るのに何周もしましたが、1階がフード以外はほとんど見られず。
やっぱりちゃんと時間にゆとりを持ってこないとね。

で、お買い上げは、IKEAに来る時から少し期待していた、チーズ。

その昔、スウェーデン人のお友達のお部屋に行くと(留学中のイギリスの話)、いつもワインとチーズとクラコットをサーブしてくれたのですが、その彼女のサーブしてくれたチーズが、私の人生の中で「こんなにおいしいチーズは食べたことがない!」って味の、おいしいおいしいチーズでした。
日本のそこらへんに売っているチーズ、とろけるチーズとかではないんですよ、まったく違う。
でも、フランスのカマンベールチーズとも違う。
チーズ臭くない、香ばしいような、とにかく「おいしい」チーズ。

もともとチーズって、それほど好きな方ではなかった私なのですが、そのチーズはチーズがだめな人でもチーズって感じでないので食べられる、くらい、普通のチーズとは異なるお味なのでした。

その後、彼女のスウェーデンのお宅にお泊りに行かせていただいた時、朝食に出してくれたチーズは同じ系統のチーズなんだけど、やっぱりもっとおいしかった!
さすが本場!

もうね、大きなまあるいホールのチーズが2種、食卓に並ぶんですよ!
あのチーズやさんに置いてある、大きな大きなまあるいチーズ!
冷蔵庫の中、それだけでかなり場所取るやん!って感じですが。
それがスウェーデンではどのご家庭でも普通なんだそうです。
それを、チーズカッター(カンナみたいなもの)でシューっと、うすーく切って、食パンに載せていただくのです。
バターもチーズもヨーグルトも牛乳も、全部全部普通のものがすごくすごくおいしい!!

ってことで、あの時のチーズがあるといいなって、期待して。
IKEAではチーズは2種だけ置いてました。
渋みのある黒いラベルのチーズと、それよりソフトな赤いラベルのチーズ。
どちらも「トムトジェリー」に出てくるような、穴の空いたチーズで、まさしく思い出のチーズにそっくり!
私は黒いラベルをチョイスしました。
クラコットのようなものも一緒に♪
IKEAのチーズは、やっぱり安いと思います。

お味は、やはりあの時食べたものよりは落ちますが、あの時食べた系統のお味のチーズで、そこそこ満足。
でも…チーズ臭さは少しありますね…
私の食べたあの、人生最高のチーズほどではありませんが、それでもかなり満足です。
このお味のチーズをチーズやさんでチョイスしたら、かなりお高いと思います。

チーズとワイン、メタボが気になりますが、やめられません!!
ちなみにこのチーズも、トースターなどで焼くととけますよぉ~。
画像は、サングリア、ホットワインでーす♪
f0176570_11235310.jpg

次回IKEAにいかれる時は、お土産にチーズもいかが?
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-01-18 11:23 | food

ちょっと変わります

いつもl’oiseau bleuの石鹸を愛してくださって、ありがとうございます。
今日は少し変更させていただくお知らせです。

半年強、手探り状態で石鹸屋さんをやってきて、いまだ手探り状態ではありますが、日々進歩を考えて頑張ってきております。
はじめると決めた時は、とりあえずその時の自分の作れる、自分の好きな、それでいてバラエティーもそこそこある感じの品揃えで作りました。

お客様のご希望の声もだんだんと聞こえてきたこと、そして自分自身でも「こんなのが欲しい!・作りたい!」という欲で、頑張ってきました。

そうした中で、もちろん、色んな知識をも得てきました。
知れば知るほど、お客様の声に対応しやすくなったり、改良をすることが出来たり。

最初から決めていたことは、「はじめは勉強をさせていただく気持ちで」でした。
でも、最初だけでなくて、これはきっとずーーーーっと、もちつづけていくべきものだと今は思っております。

変わることは…

l’oiseau bleuのラベル表示、そして石鹸の重さが変わります。
今後納品分のラベルは、標準ラベルとして「95g/3.4oz」となります。

重さに関しては、最初からかなり悩んでいました。
なぜかというと、以前にも少し書きましたが、「石鹸の重さは変動する」からなのです。
水分量が多い時と、例えば1年くらい熟成・乾燥させた石鹸では、結構違いが出てきます。
お客様の手に渡る時には、石鹸を作ってから少なくとも1ヶ月今日は経っている物なのですが、使用する材料によっては1ヶ月でも若干の重さの違いが生じてきます。

それと・・・
色んな材料を使用することになって、aoitori自身がその作った石鹸を試用するために確保する機会、分量が多くなりました。

それから・・・
だんだん今の形態で作ることにも慣れてきて、無駄がでなくなってきました(^^ゞ

最大の理由は、とにかく色んなよい材料を使うようになったこと。
そのためのコストがかかってくるようになったことです。

これまで店頭に出していただいている石鹸によっては、既に表記の重さ分もないものがあるかもしれません。
最初はデザインの1つとして考えていた重さ表記ですが、長く続けていくには曖昧はいけないかなと思いました。
いっそ、重さ表示のデザインを取ってしまおうかと思ったのですが、その部分に今と変わる、いいデザインがパッとひらめかなかったので、取り敢えずは現状のままにしておこうと思っております。

手作り石鹸で、重さもチェンジャブル、そしてカットも機械で切るようにきっちりいかないのですが、そこが手作りのよさでもあります。
どの子も一つ一つ、形や若干の重さの違いがあります。
どうぞ手にとって、気に入った子を連れて帰ってくださいませ☆

若干の変更がありますが、どうぞ変わらぬご愛顧、よろしくお願いいたします。
f0176570_1673795.jpg

[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-01-17 16:07 | l'oiseau bleuの商品について