l'oiseau bleuの石鹸を愛してくださる方へ


by aoitoriaoitori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:soaps( 60 )

Very Berry Strawberry

l'oiseau bleu初期からご存知の方は、久し振りの登場、最近知ってくださった方には初めての石けんでしょうか。
いちごの石けんです♪
f0176570_2223082.jpg

2年ぶりですね^^
去年はあまり作る気にならなかったいちごの石けんですが、今年はいちごの期間がなんだか長い気がして、「ちょっと作ってみようかな」って気にさせられましたぁ。

でも少しだけ、初代のいちごちゃんとは違います。

初代のいちごちゃんは、本物のいちごのつぶつぶをそのまま入れたんですが、何の加工もされていないそのままの粒はちょっと「痛い」と感じた方もいらっしゃったようで、今回はいちごをつぶした後、ガーゼで漉してみました。
なので、ほとんど粒は入っていません。

もしかしたら、その粒の「スクラブがよかったのに」と思っていただいてた方もいらっしゃったかもですが、もしもそうでしたらぜひ、ご意見いただきたいと思います^^

でもねぇ、出来上がりをみると、粒は入っていないはずなのに、なんだか粒々が見えるのは、あれはいちごの糖分のせいなのかなぁ?
なので見かけはそれっぽく見えます^^

本物のいちごをピューレ状にして、たっぷり入れ込みました。

もちろん!今度の香りもいちご。
以前と少し違う、さわやかないちごの香りにしてみました。


で、ただいま乾燥期間中ですので、お店に並ぶのはもう少し先になりますが(^^ゞ
いちごファンの方は楽しみに待っていて下さい。
いつものことですが、あまり数は作っておりません。
今度はいつ作るのか、私の気まぐれでございます。
もしもであったら、運命!、と思ってぜひ、おうちに連れて帰ってくださいね☆

よろしくお願いいたします。
[PR]
by aoitoriaoitori | 2010-06-02 22:23 | soaps

Clay trio

五六市でお初となります、3色トリオのクレイ石けん♪
f0176570_23501229.jpg

随分前に、「昔食べた、3色のアイスバーみたいな感じの石けん作ったよー」っていうの、おぼえていてくださっている人はいないよねぇ。。。
あれは緑でなくて茶色のチョコ味と、黄色とピンクだったけれど・・・

あ~んど、汚れ落ちがよくって手が荒れない、コスメ用クレイ(粘土)は優秀だー、なんて書いたこともあるのですが・・・


この石けんは、そう、3色のクレイを使った石鹸なのでっす。
ピンクはピンクカオリン、黄色はイエローカオリン、緑はグリーンイライト。
だけどグリーンイライトだけでは緑色が弱かったので、よもぎと水酸化クロムを入れてみました。


クレイの石けんは、とにかく汚れ落ちがよいのです。
洗顔などでも、余計な角質に汚れをしっかり取ってくれるのですが、優秀なのは、皮膚に必要な油分までも奪ったりしないことです。
クレイは汚れを吸着して、一緒に流れ落ちてくれるのです^^

念には念を、本当に肌にやさしくなるように、ひまし油やアボカドオイルも入れて贅沢に仕上げています。

今回の香りは・・・
フレグランスオイルと精油、両方を使ってみました。
色っぽいフレグランスオイルの香りですが、フレグランスだけでは飽きがち。
精油の「イランイラン」(けっこう高いんですよねー)がいい感じに作用していて、魅惑的な香りとなっています。
どんな香りかは・・・とにかく実際にかおってみてくださいませね。


よろしくお願いいたします☆
[PR]
by aoitoriaoitori | 2010-01-08 23:50 | soaps
f0176570_23554931.jpg


これもなかなか楽しい形でしょ?
はちの巣に群がる一匹のはちさん。


その名の通り、はちみつの石けんです。
が!これまたリッチに仕上げてます。

はちみつパウダーはもちろん、やぎさんのゴートパウダーはここにも使ってみました。
あと、ハちといえばプロポリスも入れてますよぉ。
はちさんが巣に溜め込むものは、栄養と抗菌作用がとても優れているのです。

オイルもホホバを少し配合したので、しっとり感があるはず。


そして!!
ずーっと前に記事にしたこともある、あの「○クルト(有名な乳酸菌飲料ですね)」を使用。
ふつーの○クルトではなく、400の方ですぅ。
けっこうたっぷり使いました。


ちなみに、使い心地は私、かなり気にいりました。
が、これまた全然数を作らなかったことを大変後悔。


これまたイベント石けんということで、数量限定、ほんのちょっぴりの納品です・・・ゴメンナサイ。
見かけたら、これまたてにとって眺めて、ついでに連れて帰っちゃってくださいっ☆

よろしくお願いいたします。
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-12-05 00:36 | soaps
f0176570_23552268.jpg

はい、そのまま、うしさんの形をした牛乳石けんです。


かなり私はお気に入りの形ですが、どうですか?
本当は、去年の今頃に作って店頭に並べたいと思っていた石けん。。。
なぜって、今年、牛年だったから。
年明けとともに使っていただこう!みたいな・・・
それがなーぜーか、今頃、1年もたってから登場ですぅぅぅ。


とにかくミルクなんです。
牛乳を使い、ゴートパウダー(やぎさんのミルクのパウダー)や、スキムミルクパウダーも入れちゃって、とにかく冬のお肌にしっとりくるようにしてみました。

オイルも、しっとり肌に良いスイートアーモンドオイル配合。


とにかくよいと思いますが、残念なのは・・・
美味しそうな香りをつけたのですが、香りは乾燥中にかなり飛んでしまったこと・・・
でも、使い心地は絶対いいはずです♪


イベント特別石鹸、ということで、数量がうそみたいに少ない納品です・・・ご、ゴメンナサイ。
でもでも、見つけたら手にとって眺めてみて下さい。

よろしくお願いいたします☆
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-12-05 00:35 | soaps

Green Tea (まっ茶)

f0176570_1143163.jpg

先日cocoro-cafeさんに納品してきた、リニューアル石けん、「Green tea」。
l’oiseau bleu初期にも作ったまっ茶の石けんですが、私的にはとてもよいと感じた石けんでしたが、当初は評判の良し悪しがあまり聞こえてこず。


どうなのかよく分からないので、その後は特に作っていませんでした。



そして最近、雑誌や広告、CMでも話題で店頭でも本当によく見かけるようになった、「茶のし○く」石けん。
ある日、息子がテレビのCMを見て、「お母さん、お茶の石鹸作ってぇ~」と珍しくリクエスト。
「前に作ったでしょー」、というと、「え、そうだったっけー?でももう一回使いたい。 あんな、びよよーんと伸びるのんやりたい!」と言い出した。


うーん、伸びる石けんって・・・なんかトルコのアイスクリーム思い浮かべてしまうんですけど…
石けんの師曰く、「あれはおそらく水にせっけんを溶かしたものをボールにいれて、ミキサーで混ぜてるのだと思うけどねー」とのこと。
ミキサーで混ぜたら本当にあんなになるのかしら?
いつか実験してみます^^


とにかく、茶のし○く石けんもどき?、いえいえ、私が作るんだから、もっとお肌にいいものを作るわーってことで作ったのが、これ。

リニューアルしたのはデザインだけでなく、材料にも「まっ茶バター」なるものを入れてみた。
デザインのピンクのような赤い所は、さらしあん。

もちろん石けんの緑はまっ茶を入れ込んだオリーブオイルの色と、よもぎです(これは前回と一緒ですね)。
高価な茶油も、たっぷり使っています!



前回は、ゴートミルクを少し配合したことによりしっとり感をだしましたが、今回はまっ茶バターでもっとリッチな使い心地になりました。
使い心地がもっちりしていい感じぃ。
そこへさらしあんのさっぱり感を入れているので、くどくないはず。


カテキンの抗菌作用(にきびや吹き出物へ作用しますね)の効果も期待したいですし、香りもお茶な感じで癒されますぅ。



こちらも定番商品というわけではなく、漬け込む期間など必要で手間もかかるので、次は気が向いたら作る、という感じになりまぁーす(^^ゞ



ゆるり、ゆるりと。

よろしくお願いいたします。。。






今朝は、ふと昔のアルバムがみたくなって。
ノスタルジーに浸っていました。。。
イギリスでいただくクリームティのポストカード。
f0176570_1143128.jpg

こんなグリーンの上にテーブル置いて、お気に入りのカップ&ソーサー並べて、美味しいミルクティとぼさっとしたスコーンでほっこりタイムを過ごしたい。。。
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-09-24 11:04 | soaps

Grape (ぶどう)

f0176570_23352739.jpg


紫の石けんに憧れて、何度か失敗しながら出来たこの石けん。
紫は、人口の色材を使用したものではなく、天然のものを使って出してます。


紫といえば、染物でも使われるのが「紫根(しこん)」。
その名の通り、根っこが紫なんですって。
この根っこを乾燥させて、アルコールなどで紫色を抽出して染材として使うそうです。


しかしこの紫根、漢方でもあるのです。
中国では内服もしますが、日本では外用薬として使われることが多く、昔から(江戸時代から)「紫雲膏(しうんこう)」という塗り薬の主成分として有名です。
紫色の軟膏、みたことないですか?
万能皮膚薬、といったところでしょうか。
アトピーにも効くといわれていますが、効果はさまざまです。

難しすぎる事は長くなるのでできるだけ省略しますが、この漢方植物は・・・温と冷のどちらかというと、冷の方で、皮膚の炎症の鎮静作用、抗炎症、やけど、凍傷、水泡、いぼなどの外用薬として使われるのだとか。



とまぁ、とても大層な漢方を贅沢にたくさん、オリーブオイルにかなーり長いこと漬け込んで染み出しました。
石けんにしたことで、どれほどの効用が残っているのかは分かりません。
何か肌に悪影響を与えるものになっていないことだけは確かでしょう(笑)。。


ぶどう、と題したものの、色だけではちょっと不十分。
なので、香りももちろん「グレープ」にしましたよ。
買ったばかりの未使用状態のせっけんを香ると、きついグレープの香りはしないかもしれませんが、お風呂で使っているとバスタイム、ぶどうに包まれるような甘く心地よい時間が過ごせます♪


そして、材料のオイルには「ぶどう」の石けんということで、やはり「グレープシードオイル」を使用。
このオイルで作る石鹸は、とてもさっぱりした石けんになるのです。
泡が少し軽い感じで、これまたフルーティな香りとの相性がよいです。



ご了承していただきたいのは、天然の色なので、超期間置いておくと色が褪せてきます。
石けんの使い心地が悪くなる事はまずありませんが(逆に良くなります)、お色目を楽しみたい方へは保存の注意が必要です。
お色目をできるだけ長く楽しむには、冷暗所での保存が好ましいです。
太陽の光は色の変色に拍車をかけてしまいます。
ご注意下さい。



この石けん、多分今だけの限定商品。
よほどのご要望がない限り、次は作らないかも?
(l’oiseau bleuの石けんには、時々「二度と作らない」石けん、ありますねゞ)
いやぁ、手間がかかるので^^ゞ
気になる方は、お早めにぃ~☆



よろしくお願いいたします。
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-09-22 23:35 | soaps

納品しました。

先週の金曜日、久し振りにcocoro-cafeさんへ石けん納品しました053.gif

新しい種類は、

・Grape(ぶどう)です^^



リニューアル商品としては、
・Green Tea (まっ茶)です♪


またそれぞれにご紹介いたします。
他にも定番商品補充いたしました。

・ラベンダー・・・石けんの使い心地も、香りもうっとりで万人受けしますね。
プレゼントとしても、きっと喜んでいただける石けんです。

・sea・・・こちらは肌が気になる方に人気ですね。
個人的に注文受けることの多い商品になっております。



ご自分への日頃のねぎらいに、身近な人へのプチプレゼントにいかがでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。




f0176570_13505287.jpg

納品に行ったら、素敵なものみぃ~っけ!
SIMPLE+さんの、ジャム☆★☆

色々あって悩んじゃいましたが、桃のジャムをセレクト。

大きな瓶は、きび砂糖で作った桃ジャム。
ちいちゃな瓶は、グラニュー糖で作った桃ジャム。


まだ使いかけている市販のブルーベリージャムがたくさん残っているのだけれど、どうしても食べてみたくて。。。
今朝はちいちゃなグラニュー糖の方をいただきました。
甘すぎず、桃のやさしい味が嬉しい♪
食パンに塗って、ぺろりと美味しくいただいちゃいました。


他に、桃のミルクジャムやパイナップルなどもcocoro-cafeさんの店頭にはあって、次回の楽しみが出来ました!
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-09-20 13:50 | soaps
f0176570_9381617.jpg

カットしたての画像↑
真中が、ちょっと緑色。
なんか、おもしろいなぁ~って^^

1ヶ月の乾燥中に、すぐに色はまわりのベージュに変色するのだけれど。
たまごせっけんを作った時だけは、カットしたては真中が緑色になってるんですよ。


きっとたまごアレルギーの方にはむかない石鹸なのだろうけれど、レシチンとかたまごの成分の関係で、しっとりせっけんになってかなり気持ちがいい。

使うのが楽しみです♪



今回は非売品紹介でごめんなさい。
真中の緑がなんだか可愛くて、ご紹介したくなっちゃいました。。。
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-07-13 09:38 | soaps

柿渋

f0176570_2314323.jpg

自宅用に作った石鹸。
柿渋エキス入りの石鹸。

柿渋と聞いて、ピンときた方、いらっしゃいます?
そう、最近ネットで、あるいは時々新聞の広告欄でも見かけます、話題の柿渋石鹸。
謳い文句は「加齢臭、おやじ臭を取る!」で、話題ですよね。

本当にそんな効果があるのか???
実はまだ私もこれ、作ったものの、使っていません。
もうすぐ今使っている石鹸もなくなるので、来週に入ったら早速使うつもりですが。

この石鹸、いかにも柿渋~って感じ、しません?
干し柿で、とことこん日が経ったのって、こんな感じで茶色になりますよね。

柿渋って、もちろん石鹸のためにあるエキスではもともとないんです。
塗料なんですって。
確かに、柿渋エキスって真っ黒なんですよ。
たぶん薄めたら茶色になるんでしょうけれど。

でね、これがまたくさ~いの!
すんごいにおいで、臭うと「うッッ」って感じ・・・

だけど、塗料として使っている職人さんが、あるとき何気に飲んだらしい。
あんな臭い物を飲んでみようなんて、思った人の気が知れないけれど・・・
そしたら、なんだか体にいいってことで。
それから、健康飲料ドリンクとしても、今は販売されているらしいです。

ちなみに石鹸に入れたら、あの柿渋のくさーいにおいはすっかりなくなってしまいました。
今回の石鹸は、紅茶のフレグランスオイルを入れたのですが、紅茶の香りしかしなくなっていてびっくりです☆
いい香りぃ~。

そんな柿渋エキス、果たして本当にそんなに消臭作用があるのかは、ちょっと???
でも、このエキスを売りにしている石鹸屋さん曰く、すっごい効果で使った人たくさんの人から、喜びの声・声・声で、リピーター多し、なのだそうで・・・

本当にそんなすごいものか、試してみたい~。
皆さんも試してみたい?
ちょいと思案してみます^^
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-06-12 23:01 | soaps

Sake

f0176570_928519.jpg

昨日「納品しました」とご報告した、“Sake”、酒かすの石けんです。
かす汁大好き!な私、ぜひともこの酒かすを石けんに入れたかった!

2月のブログ記事で予告していたとおり、京都の吉田神社の節分祭へ足を運んで買いに行った、とある酒造さんの酒かす使用です♪

先日のチョコバナナ石けんの紹介で、石けん仲間さんが「この2つだけは、ほかの石けんとの使い心地の違いが分かる!」とうならせた石けんが、これ。
チョコバナナ石けんと酒かすの石けんです。

しっとり感と、使用後の肌の感触がいい。
酒かすは、美白効果も狙って^^
石けんに入れて、どこまでその効果があるかは不明だけれど、何かが変わるんじゃないかと思っています。

というのも、酒かすパックをすると、もうはだがプリップリのもちもちになるんですよー。
私はまめにはしないので、まだ効果の程がわかりませんが、石けん仲間さんなどは数日に1回酒かすパックをされているようで、しみが薄くなってきたぁ!と、喜ばれていました。

そんな酒かすをプットイン。
椿油もけっこうはいっていてリッチ♪
さらしあんで、サラッと感と遊び心でマーブルチックに。
和で、ブランド酒造のイメージにあうような、高級感ある石けんにしてみました。
どうぞ一度、お試しください☆

よろしくお願いいたします。
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-04-20 09:28 | soaps