l'oiseau bleuの石鹸を愛してくださる方へ


by aoitoriaoitori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

もうすぐ

娘のバレエのお教室の発表会。
普段は親の練習の見学はできないお教室なので、とてもとても楽しみなのです♪

普段は見学できないけれど、先日のリハーサルは親見学オーケーが出たので見に行ってきました。

お教室の中で、クラスごとに踊る数分間の小さな作品(小品)では、娘の人生初!のリフトなのです。
リフトとは、男性ダンサーに、ひょいと持ち上げてもらうこと^^(そのままやん)

その作品、一番最初と最後にリフトされるんですが、これに選ばれたのは本当に偶然の産物。
決して上手だから選ばれたわけではないのが悲しいところ・・・

リフト役の男の子が、本来リフトするはずの上手な上手なお姉さんが持ち上げられなかったようで、クラスの中で一番小さな娘が選ばれたというわけ。
たまにはそんな得もすることがあるんだねぇ。


ほかに、大きな作品(幕物)として、バレエといえばこれでしょう!な作品、「白鳥の湖」全幕もやります。
これはねぇ、全部の場面を娘出られるんですが、はっきり言ってどの場面でも「ウォーリーを探せ」です(笑)

ただ、作品の仕上がり自体はとてもすばらしく、今から本番かなり期待大。
王子や白鳥の刹那、黒鳥のブラックパールのような輝き、その表現・演技が心にぐっときてしまいます。
こんなすばらしい舞台に、たとえウォーリーでも出させていただけるなんて、なんと光栄♪と、母娘ともどもすごく喜んでおります。

毎日毎日学校から帰ってきて速攻お教室へ駆け込み、びっくりするくらい遅くまで練習してきた成果が出たら、と思います。
 
残念なのは・・・
娘の大好きな憧れのお姉さんが、今回の発表会には出られないこと。
悲しいけど、うれしい理由。
あの有名な、イギリスロイヤルバレエ団に入団されるため。
ロイヤルバレエスクールに入学ではなくて!プロのダンサーとしてバレエ団に入団なのです!!
最後にもう一度、同じ舞台に立てたらと願っていたけれど、今は夢かなわず。
もしも凱旋公演なんかがあれば、その時こそはと思ってこれからも日々精進していくつもりな娘です。

あともう少し。
気もそぞろです。
早く本番見たいなぁ!
[PR]
by aoitoriaoitori | 2011-03-27 23:57 | chatter box