l'oiseau bleuの石鹸を愛してくださる方へ


by aoitoriaoitori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

One day trip

~今日は五六市のレポートと思ったでしょう?
ナハハ、ちょっと諸事情で、書き温めていたG.W.のお出かけ日記のアップにさせてもらいます^^~



G.W.中、たった一日だけ家族みんなが揃ってオフな日が出来て。
そんな日はもちろん、ワン・ディ・トリップ♪日帰り旅行!!
遷都1300年祭にわく奈良~今流行り(?)の熊野古道がある和歌山へ。
高速道路1000円が終了するといわれてニュースの通り大変だったみたいだけど、下道で地道に行った私達は、すーいすいと快適にいけました!
奈良や和歌山の参道も、かなり道が整備されていて、楽になってました。


まずは奈良・上湯温泉。
ここは昔両親と何度か来た、思い出の場所。
昔はここまでのみちも険しくハードで、何度も吐いていた私…居間はかなり整備されていて、ましになってました。
ここの「つるつるの湯」という公衆浴場についたのが、朝の十時ごろで朝風呂を楽しみました。
川辺にある小さな公衆温泉浴場です。
が!昔は源泉をそのまま使った温泉だったのが、今は循環清浄などされていて、普通の温泉宿の温泉って感じになっていて、ちょっと残念でした。
浴場も小奇麗になっていて素敵だけど、風情は昔の方が断然ありましたねぇ…お風呂なだけに、写真は写してなくてすみません。



この後いく予定の和歌山の「川湯温泉」で体験するはずだった、温泉掘り。
だけど、公衆温泉の中の地元の小学生のレポートの中に、「川辺を掘ると温泉が湧き出る」という記述を見て、温泉守しているおばあさんに聞くと、ここも掘ればすぐに温泉が出るとのこと。
早速おばあさんに、ショベルとバケツを借りて温泉掘り。
f0176570_22213667.jpg

掘り始めてすぐに、序和~っと沸いてきました、あつーいお湯!
そこへ、川の水で温度調節して、即席の足湯が完成!!
4人でほっこりしていました。
(携帯画像、とり忘れました)



f0176570_22213639.jpg

↑は、「野猿」です。
人が一人だけ乗れるくらいの、手動式ロープウェイ、って感じの乗り物です。
昔は生活必需品道具で、こっち岸から向こう岸へ、食物や水などを運んだりした道具なのですが、今は観光客のお楽しみな乗り物になっています。
ここは昔からガイドブックに紹介されていない「野猿」スポットなので、人も並んでいなくて穴場です。



なら・上湯温泉から30分ほど車で行くと、和歌山・十津川村の「川湯温泉」。
ここが、有名な「川辺を掘ると温泉がすぐに湧いて出てくる」場所。
でも到着したのがお昼過ぎだったからか、既に掘られた即席温泉がいっぱい。
掘らなくてもたくさんありました。
まぁ掘る経験は朝から奈良でやってきたので、満足です。
f0176570_22213619.jpg

川辺の掘られた所は温泉ですが、川は当たり前ですが、川です。
まだまだ水着ではいるにはつっめたぁーい川なんです。

でも子供たちは水着に着替えて網を持って魚を捕まえて、体が冷え切ると温泉に戻ってきてぬくもって、を繰り返してました。


いつもはそんな子供たちや彼を、退屈にぼーっと見つめながらの荷物番な私ですが、ここでは足湯でほっこり癒されながら、子供たちを見つめて、マイナスイオンを浴びて♪ 
f0176570_22213694.jpg




長旅・長距離運転のお疲れは、ほっこり温泉に浸かりながらのベーっと寝そべって癒されて。。。
f0176570_22213771.jpg



そして熊野本宮大社です。
中はあまり撮影しちゃいけないみたいだったんだけど、あまりのながーい階段、まだ社殿に入る前なので、パチリと撮りました。
画像よりかなりたくさんあるステップ。足腰が悪い方には、お参りがかなりハードに見受けられました。
でも、ご利益ありそうですね。
f0176570_931956.jpg



こちらは社内にある、やたがらすポスト。
本宮のやたがらす伝説にちなんで作られたもの。
ここからお手が乱すと、特別なスタンプを押してくれるのだとか。
f0176570_931959.jpg



ここは、旧社地大斎原といって、災害が起こる前はここに熊の神社が祭られていたのだそうです。
今は大きな鳥居と、あとちに石碑がたっていたりするのですが、山々に囲まれた壮大なとちにたっていると、不思議な気持ちになります。
現本宮も、旧本宮も、別々の、不思議な空気。
きっとこれが「パワースポット」なんでしょう。
f0176570_931974.jpg



やっぱりグルメも忘れちゃいけません。
って、他にもいろいろ食べたんですが、これは黒ごまソフトではありません。
黒飴ソフトなんです!
和歌山といえば、那智黒!
那智グロ味のソフトクリームなんですが、これが意外においしくて、最初は娘は「いらない」と言っていたのですが、息子の一口を食べさせてもらって「やっぱり私も~」といって、買ってました。
ヒットです♪
f0176570_931928.jpg



こんな感じの我家の日帰りツアー。
十分宿泊旅行と同じくらいのボリュームだった気がします。
帰る頃には、朝行った「上湯温泉」は、まるで昨日か一昨日のことのように思っていたのでした。

ああ、楽しかった。
リフレッシュしたし、パワースポットでパワーもらったし、明日からまたがんばれそーだ。

~~~~~
後日談ですが…
温泉に浸かった当日は、「思ったほどお肌の様子に変化はないなぁ」と、ちょっとがっかりだったのですが。
翌日からだんだんと、つるっつるになってきています!!
恐るべし、奈良&和歌山の温泉!
またきれいになりに行きたぁ~い!
[PR]
by aoitoriaoitori | 2010-05-07 09:23 | chatter box