l'oiseau bleuの石鹸を愛してくださる方へ


by aoitoriaoitori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

だって語りたいんだもん

イギリスにホームステイしていたおうちのお話。

とっても大好きだった、BATHという町の語学学校に通っていたころ、ホームステイしていたおうち。
大好きなホストファミリーだった。
私に与えられたお部屋も、世のカントリーファンが泣いて喜ぶような、いやいや、女子なら誰でも夢見るような、ラブリーなお部屋だった。

そのゲストルームはどうやら2人部屋で、大きなベッドが2台あった。
もう思い出の中の映像なので定かではないけれど、おそらくシングルベッドが2台。
だろうけれど、日本人的にセミダブルくらいの大きさだった気がする。
広いお部屋だった。
壁紙は、イングリッシュローズの小花柄。

ベッドカバーもイングリッシュローズの小花柄だった。
オーガンジーっぽい布も使われていて、お姫様気分だった。
ランドレディの手作りのベッドカバー。

イギリスの小さなりんごがなる木が植わっていて、芝生の手入れが行き届いていて、時々リスや狐が現われるお庭、が見える窓側のベッドと、ドア側のベッド。
何気に私はドア側のベッドを使っていた。

うーん、なにげにではなかったのかも。

窓にはこれまたラブリーな、いかにも英国ティックなレースのカーテンと小花柄のカーテンがかけられていて、
窓の上には棚があった。
その棚の上には、これまたいかにも英国ティックで、カントリーなおうちではよく見かけるけれど、お人形やかわいいものがいくつか飾られていた。

その飾られているものの中に、オルゴールがあった。
あれ、確かオルゴール人形だったんじゃないかなぁ?
でね、そのオルゴール、一人でお部屋にいると時々、「ポロン~♪」と、1、2音だけ鳴ったりするんだよねー。
ちょっと、怖くない?
オルゴール独特の、「ぎぃ」って言う音も。

夜、お部屋を暗くしてからってのももちろん怖いんだけど、お昼間に一人でおうちにいるときとかでもちょっと気持ち悪かったりする。
意外とゾクッッとするのが、早朝。
その音で起きたりするんだよねーーー。

ただ、日本でだったらもっと怖いんだけど、外国ってだけで、なんか「アウェーやん」って、わけの分からない理由で、そのままかなり長いこと放置してたんだけど。

そのおうちには、渡英してすぐから3ヶ月、そして帰国前の1ヶ月ステイさせてもらって。
ふたたび戻ってきたその帰国1ヶ月前、お部屋でまたある日、「ポロン~♪」と。
ひゃーっ!そうだ!この部屋!これがあったんだー!!って思い出して。
何となくポロンの頻度が若干多くなった気もして、とうとうランドレディに「あのオルゴールが時々鳴って、怖いのぉぉぉ」と、言ったっけ。
「まぁ、そうだったの。片付けるわねぇー」といって、すぐにどこかへ片付けてくれたんだけど。

何でもっと早くに言わなかったんだろう。。。
最初は意気地がなかったとか、英語力がなかったから?
そうなのかな?
いや、多分怖いけど、ちょっと外国ホラーを楽しんでたのかも。

しっかしなんで今、そんなこと思い出したんだろ・・・


 
f0176570_22284388.jpg

Bathの街でのショット。
写真を写メしたもんだからすっごく分かりにくいけれど、バックの建物はクレセント(三日月)型で、私が座っている芝生はラウンドアバウト。
ラウンドアバウトとは、イギリスは信号が少なく、交差点ではこうして丸くなっていて、行きたい所で曲がるようになってる、高速道路の環状線といえば分かる?
丸いフォルムが多かったなぁ。
まぶしい(写真では分からないけど)芝生とウッディなベンチ、そしてかわいいゴミ箱、標識、そして丸いラウンドアバウト。
当たり前の光景が、絵葉書のよう。。。
[PR]
by aoitoriaoitori | 2010-04-01 22:28 | chatter box