l'oiseau bleuの石鹸を愛してくださる方へ


by aoitoriaoitori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

チェンジリング と オーストラリア (映画の試写会)

*今からこれらの映画に行かれる予定のある方、楽しみにされている方は読まないで下さいねぇ~。

f0176570_10431341.jpg

まずは先週、チェンジリングの試写会へいってきました。
う~ん・・・観終わった後のお友達との第一声が「こわっ!」でした。
そして、おもたーい感じが残る映画でした。

ハッピーエンドで終る映画ではないんです。
最後の方、どんでん返しでハッピーエンドになるのか?と、思わせぶりな場面もあるのに、結局違うんですよねー。
しかもこのお話、実話をもとに作られているとのことで、重さにリアル感…

少しくらい誉めておこうかな?
試写会ってよく行くのですが、時々「これ、チケット代払ってみるのでなくてよかった」と思うような、薄っぺらい内容の映画も最近は多い中、これはそんなに薄っぺらな作品ではないです。
でも、お金払って重たくなって帰ってくるのって、どうよ?(やっぱり誉めてないしぃ~)

リアルすぎて、私的には観ていて気分が悪くて吐きそうになったりする場面もありました(まぁ、なんて繊細な私*^^*)

あ、素敵♪って思ったのは、これは1928年のお話なんですけれど、その時代の女性のファッションがとっても素敵でした♪
アンジェリーナ・ジョリーがかぶる帽子、素敵ィ。
当時の髪型も、お洋服や靴、メイクも、なんだか素敵でした。

しかしアメリカのヤミの部分、深いです。
オバマ大統領一人では、絶対changeは無理です。
オバマ大統領みたいな人が、オバマ大統領のあと10人くらい続かないと、いや、もっと?続かないと、changeなんて無理だなぁ~。。。
なんてことを考えてしまう映画でもありました。
って、よその国批判なんて絶対出来ない、今の日本ですけれどね(^^ゞ



f0176570_10431314.jpg

こちらはニコール・キッドマン主演。
観終わった一番の感想は、「ニコール・キッドマン、きれぇぇぇ!!」です。
もともときれいだとは思っていたけれど、この映画は彼女のために作ったのですかぁ?ってくらい、彼女が美しく描かれています。
オーストラリア出身の彼女自身も、オーストラリアの歴史っぽいこの映画に主演することに、気合が入っていたのでしょうね。

3時間くらいの長編映画。
途中、何度も「もうそろそろ終わりかな」と思うような場面があるけれど、いえいえ、こんなもんではありません、って感じで、続く続く!

彼女の役柄は、意外にもイギリス人(貴族)。
最初の場面なんて、(たぶん)かなりイギリス英語を話していたように思います。
衣装とか振舞い、まだまだ粗野な大地のオーストラリアとのギャップが愉快でした。

アメリカの先住民がインディアンだったように、オーストラリアにも先住民がもともといて、それが「アボリジニ」。
私は個人的にこの「アボリジニ」の人たちってちょっと興味があって、ああ、アボリジニの人の中にはこんな「マジック」(?)を操れる人もいたのかぁ~と感心しましたけど。

とにかくこのお話、いろーんなエッセンスをあれもこれもと詰め込みすぎている感があります。
オーストラリアの開拓時代、先住民への人種差別的なこと、戦争、ビジネスe.t.c.

ラスト近く、その戦争に付いて描かれる部分で、日本人としてはちょっと居心地の悪いシーンがあります。
日本人がしたこと、そう、それも事実なんですよね。

この映画は相方と行ってきましたが、彼の感想は「無意味なキスシーン多すぎ!長すぎ!」とのことでした。
なるほど確かに、キスシーン多かったな…
ニコール・キッドマンは、オーストラリアにすむドローヴァー(牛追い)と恋に落ちていくのでございます。
ってか、戻ってこない夫を追ってオーストラリアに着いた途端、夫が何者かによって(ま、最後は犯人分かるんだけど)殺されてしまうので、未亡人なわけで。
こんな美しい未亡人、誰も放っておきませんわね。

とまぁ、超ネタバレ、程のことは書かないように心掛けましたが、逆に話しがあちこち飛んで、よく分からん!でしょうけれど…
だってこの映画、ほんとに色んなエッセンス含みすぎてて、語りきれませんもん。。。

でもこちらの映画も、3時間という時間的にもそうですが、内容的にもお金だして見てもO.K.だと思う映画です。
オーストラリアの広大さ(砂漠もあるしね)もひしひし感じます。
泣けますけど、観たあと重くなりません。

ただ…今、オーストラリアってすごい火災で話題ですよね。
今その火災で大変なことになっている土地が、作中にも出てきたりして、とても現地の方々が心配です。
あのすばらしい土地の方々が今大変な目にあっているなんて・・・
自然現象からなのでしょうが、これ以上被害が拡大しないことを祈ります。

最後にどうでもいいことですが…
「ニコール・キッドマン」って、私、彼女の名前を呼ぶ時だけはフルネームでしか言えないんですよ。
なんででしょ?
ニコール、とか、キッドマン、とかいってもピンとこない気がしてしまうのは、私だけ???
[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-02-14 00:47 | chatter box