l'oiseau bleuの石鹸を愛してくださる方へ


by aoitoriaoitori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

game

本日は、石鹸屋コスメとは全く関係ありません、すみません072.gif

先日、友人のおうちへ遊びに行ったときに「帽子とりゲーム」をさせてもらって、すっかりはまったうちの息子。
お年玉でぜひともそれを買いたい!とのことで、宇治のおもちゃやさんへ。
そう、この帽子とりゲームはドイツ製のボードゲーム。
こういったボードゲームなら、Kid'sいわきぱふさんだよねーってことで。

あいにく「帽子とりゲーム」はなかったのですが、店内にはたーくさんのボードゲームが。
すべてサンプルが置いてあって、お店の人に聞けば気軽にゲームのやり方を教えてくださって、この日も数種のゲームを私と子供たちの3人で遊びました。

年令にあわせた難易度の様々なゲームには感心します。
ボードゲームって、人生ゲームかモノポリーくらいしか思い出さないけれど。
さすが子供の教育を真剣に考えているドイツだなぁーって思います。
シュタイナー教育とかって、ドイツが発祥ですものね。
ボードゲームの多くは、ドイツ製。
よくぞこんな単純なのにものすごく頭を使って、しかも大人も楽しめるゲームを考え出したものだなぁーって思います。

結局散々迷って連れ帰ったのは、「ラビリンス」というゲーム。
これは、さいころもルーレットも使いませんが、なかなか頭を使います。
これまで2種類のボードゲームをここから連れ帰ったことがあるのですが、もう2年程前のこと。
今回は、やはり今もっているものよりは少し高度なものにしました。
もっと高度なものでおもしろいものもあったのですが、きっと子供たちのお友達があまりに複雑なゲームだと遊びたがらない気がして(^^ゞ

それから、チェーリングを見っけ!
なつかしー!!
でも、遊び方がいまいち曖昧な私。
どなたか正確に覚えていらっしゃる方、いませんか?
たしかこうだったよね?って感じでは覚えているのですが、確信できるほど確かじゃなくって…
よろしくお願いします。

当分は、ラビリンスとチェーリング、我家のブームになりそうです。
f0176570_2357253.jpg

[PR]
by aoitoriaoitori | 2009-01-07 23:57 | chatter box